団地ナビ

「UR賃貸で賢く暮らす」ライフスタイルを提案しています

【UR賃貸住宅】効率的な物件の探し方

UR賃貸住宅のように「安い家賃」・「手数料が無料」・「駅近物件多数」となれば、人気も必至です。
ここでは、UR賃貸を検討される方向けに、効率良く物件を探すコツを紹介します。

UR物件検索ページにアクセス

UR賃貸の公式HPには、なぜかいくつか物件検索ページが存在します。
トップページから辿れるサイトだと細かい条件設定ができないので、以下のサイトから効率よく検索しましょう。
sumai.ur-net.go.jp

営業センターへ電話して空き状況を確認

サイトで良さそうな物件が見つかったら、管轄している営業センターに問い合わせの電話をしましょう。サイトでは空室と表示があっても一筋縄で行かないのがUR。すでに埋まってしまってる事も多々ありますが、あまり落ち込まないで下さいね。
対応策があります。

断然おすすめは「営業センターに直接訪問」

電話をしても一向に空室が出ない状況が続いているあなたは、一度直接センターに訪問する事をオススメします。
集合住宅であるURには部屋数がたくさんあるので、入居&転居は毎日のように起こっています。
HOTな空室情報は営業センターの現場では毎日転がり込んでくるのです。
その情報を掴みに行きましょう!

電話での応答ですと、昨日時点での空室状況しかお伝えする事ができないのが実情のようです。
整理できていない情報を伝えて、誤報になってしまっても大変ですからね。

時間があれば、ぜひ直接行ってみて下さい。以下の記事でも書いたように、優しいおばちゃんスタッフが迎え入れてくれると思いますよ。
20代新婚夫婦が住んでみたが、UR賃貸住宅は最強最良のコスパ物件である。 - 団地ナビ

それでもダメなら空き状況通知サービスを利用

希望の物件に空きがあったときに営業センターから電話をもらえる「空き状況通知依頼」サービスがあります。通知期限は1ヶ月です。
通知依頼の仕方は以下の通り

  • 「URカード」という用紙に、希望する条件やエリアを記入(具体的に希望物件名があればそちらも記入)
  • 「確認書」という書類にサインをして完了

ただしこの制度、センターから空室の連絡があったら、その1-2日以内にはセンターに行って仮申込みをしないと、他の希望者に案内されてしまいます。(地域によって猶予期間には差があるようです。)
なので、通知依頼はあくまで保険の為に登録はしておいたらいいと思いますが、また時間を見つけて直接営業センターに行ってしまうのが手っ取り早いと思います。


以上、筆者自身の経験と、営業センターのおばちゃんへのヒアリングを踏まえてまとめてみました。
引越し時期に余裕があるなら、トライしてみる価値はあると思いますよ!

UR賃貸の入居を検討している方へ

新規申込者が金券1万円分を貰えるキャンペーンをご紹介しています。
団地ナビがキャンペーン申し込みのお手伝いもしています。
よろしければご利用ください!
www.danchinavi.com