団地ナビ

「UR賃貸で賢く暮らす」ライフスタイルを提案しています

【UR賃貸住宅】借り上げ社宅として利用する方法

読者の中にはサラリーマンで、会社が「借り上げ社宅制度」を設けている方も少なくないだろう。
実は筆者もそんなサラリーマンの一人である。
今回は、「借り上げ社宅」としてURを活用するメリットとその方法をご紹介する。

借り上げ社宅制度とは

アパートやマンション等を企業側が借り上げ、そこに社員を住まわせる制度のこと。家賃の一定額は社員の負担となることが多いが、自身でアパート等を借りるよりも安い価格で住むことができる。
家賃や敷金・礼金の負担額、対象者の条件は企業により様々なので、会社に一度確認すべき。

自己都合で引っ越した際の費用を節約

借り上げ社宅としてURを活用するメリットは、引っ越し時の初期費用が断然節約出来る事だ。
会社にもよるが、自己都合(結婚・出産・近隣トラブルなど)により別の家に引っ越す場合の礼金や手数料は自己負担であることがほとんどである。
そんな時に助けてくれるのがURの礼金・仲介料無料の制度だ。
通常家賃の2-3ヶ月分かかるこれらの費用が節約出来るのは、かなり有難い。
porcepic.hatenablog.com

会社がUR物件を扱ったことがない場合

URで優良な物件が見つかり、会社(もしくは社宅管理代行会社)に引っ越したい旨を伝えた際、「今までにUR物件を借り上げ社宅で扱ったことがない」という回答を受ける人も少ないだろう。筆者の会社もそうであった。
問題なく借りれると思うのでご安心を。会社の担当者にURの管理センターの連絡先を伝えよう。UR管理センターの法人担当の人がきっちり対応してくれ、手続きしてくれる。
事業所のご案内|URコミュニティ

URの社宅利用は急増

社宅としてURを利用してもらえるよう、最近は広告もかなり力を入れて押し出している。
2017年8月現在で9,000社が利用しているとの事。
会社も経費削減のため、お得なUR物件を活用する傾向が高まってくるだろう。
UR都市機構|社宅向けUR賃貸住宅のご案内

借り上げ社宅制度とUR賃貸のメリットをフル活用して、世知辛い世の中を、賢く生きていきましょう。

UR賃貸の入居を検討している方へ

新規申込者が金券1万円分を貰えるキャンペーンをご紹介しています。
団地ナビがキャンペーン申し込みのお手伝いもしています。
よろしければご利用ください!
www.danchinavi.com